ウォシュレットの水漏れとトイレへの影響

近年では、ウォシュレット機能付きのトイレを設置している家庭が多くなりました。衛生面や機能面で便利な一方、ちょろちょろと水が漏れるウォシュレット 水漏れトラブルも発生します。一つの機械ですから、処置を間違えると二次被害や機器の交換に繋がりかねません。

■トイレウォシュレット 水漏れと機能や構造について

高額な製品の場合は、人がトイレに入ると自動で蓋の開閉をしてくれたり、自動洗浄機能などが付いています。ヒーターや乾燥機能がついているものだと、基盤は複数の電子部品で構成される仕組みです。ノズルは電気と出し入れ時に働くスプリングで作動する仕組みです。手で押し込んだり、電源を一度切ることで、再び作動する場合があります。小さなタンクが中にあるものだと、温められて温水が出る仕組みです。
電気と水がなければ機器は作動しませんし、部品の不具合に伴い、水漏れの原因にもなります。修理にあたっては、複雑な電気回路に関する知識と工具が必要ですから相応に知識がない場合に自分で行うと、火災や二次被害の可能性をもたらします。安全の為に業者に依頼する場合が多くなります。

■ウォシュレット 水漏れの種類や原因とトイレ修理

ウォシュレット 水漏れは、日々トイレを使用していると起こりうる問題です。水漏れ修理が必要となる主な種類と原因を紹介します。
水道管から分岐されたホースと、本体に接続されている給水ソケットも、故障が起こりうる箇所です。パッキンの劣化や外からの強い衝撃により、トラブルが発生します。 機器の横から水漏れが生じている場合は、本体と結合部分が緩んでいる可能性があります。レンチで締め直すことで症状が改善される場合もありますが、圧力をかけすぎると部品の故障に繋がりかねません。
給水ソケットからノズルまでの経路にて、タンクやホースが接続された状態となっていますので、少なからず圧力がかかっており、日々トイレを使用しているとウォシュレット 水漏れが発生することもあります。各種故障箇所に合わせて部品交換などの対処が必要ですが、ウォシュレット自体を分解する作業もありますから、自分で修理をするのは避けましょう。専門の水道業者に修理依頼するのが適切な判断となります。

■まとめ
トイレにウォシュレットを設置している所が増えていますが、ウォシュレットの水漏れトラブルは使い続けていると起こりえます。自分で修理することも考えがちですが、電気回路は複雑な機能です。たとえ、ちょろちょろなどの小さなウォシュレット 水漏れトラブルでも専門業者に依頼する必要があります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ