水道 工事業者にトイレの水漏れ詰まりを修理依頼する場合と予防策

トイレのトラブルの種類は、トイレ 水漏れや詰まりをはじめいくつかあります。軽度のトラブルでは自分で修理することも可能ですが、複雑な場合は、水道 工事業者に依頼する流れです。水道 工事業者へ修理が必要な場合及び、それを防ぐための予防策に繋がるための最善な方法が各種あります。


■水道 工事業者に依頼してトイレ水漏れや詰まり修理する場合

予防や自分で修理をしても、トイレの水漏れや詰まりが直らない場合があります。その場合、水道 工事業者に修理を依頼します。
簡単な修理の場合は、受付から完了まで即日で出来ることもあります。大手の場合は、24時間365日業務を受け付けている所もあり安心です。深夜早朝及び出張料無料と広告掲載していない所は、概ね工賃以外の費用が発生します。ウォシュレットなど、部品や技術が必要な修理の場合は、日数を要する場合があります。
火災保険に入っている場合は、トイレトラブルで水道 工事業者に修理をした場合、保険適応される場合があります。保険適応が出来ると、修理費用を抑えることにも繋がります。業者が仲介をすることはないので、時間のある時に保険会社と適応範囲について確認すると良いです。賃貸物件の場合は、予め入会している所もありますから、管理責任者に相談するといいでしょう。

■自分でトイレ水漏れや詰まりを防ぐためのポイント

トイレを使い続けると、詰まりやちょろちょろと水漏れが発生したりなどのトラブルが起こることがあります。水道 工事業者に修理を依頼する方法もありますが、時間と費用が発生します。
日頃からメンテナンスや清掃をすることが、トラブル回避に繋がります。パッキンなどの機器の接続部やウォシュレットの場合は、ノズルなどを確認することが必要です。水漏れの場合は、突然起こることもありますが、ちょろちょろからが始まることが少なくありません。日頃から接続部に水がにじんでないかを確認しましょう。床の場合は、便器内墨汁をたらしておいて、翌日墨汁が混じった液体が流れていると、トラブルが起こっていることが確認できます。
また、トイレタンクを開けてみて、ごみなどが溜まっていると水漏れや詰まりの原因になります。部品の汚れをふき取っておくことで、各種トラブルを回避できます。ただし、構造を理解しておかないと組み立てが出来ませんから注意が必要です。

■まとめ
水道 工事業者にトイレ水漏れや詰まりを修理する場合、相応な費用と時間が発生します。火災保険などで適応できる場合は、費用を抑えることに繋がりますから予め確認すると良いでしょう。トイレのトラブルがあれば生活に少なからず支障をきたします。日頃からメンテナンスや手入れをしておくことで、トラブルを防ぐことに一役担います。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ